【過去日記】2013年5月29日

  • 2013.05.31 Friday
  • 16:56

抗がん剤投与当日。
緊張のためか、以前から飲んでいた痛み止めのせいか、胃の調子がいまひとつ。朝食をほとんど食べられず。

吐き気止めが入るはずだから、まあいいかと思うことにする。

前回の手術のとき、私の血管が細くて点滴を取りにくかったので、来てくれた(おなじみの)研修医の先生にそれを告げる。
やはり左腕は取りにくそうで、右腕でチャレンジ。
が、入れるたびにベテラン看護師さんからダメ出し(笑)。
腕を温めたり、たたいたり。

その後、別の産婦人科の先生がいらっしゃって、無事終了^^;
尿道カテーテルも装着し、準備OK。


まずは吐き気止め(5粒もあった)をいただき、飲みました。
その後、点滴から吐き気止めなどを30分ぐらいかけて入れたかな。
いよいよ抗がん剤投与です。
1本目はパクリタキセル(だったと思う ←いい加減でごめんなさい)。いつもは1時間かけて入れるらしいのですが、初回ということで2時間かけて投与。
その後、カルボプラチン(逆だったらすまぬ!)を1時間かけて投与。
最後に小さな点滴を1本。中の薬を流すため?(←またあやふやな情報で…)

看護師さんがつきっきりでいらっしゃったのは安心ですね〜。特に異常は起こらず。
最初の点滴でガスターも入れていたようで、途中お見舞いに来てくれた方のお土産のケーキは2つも食べれるほどになっていました。昼食も残したのに(笑)。

1本目の後はちょっと眠くなってうとうと。
全部終わった後もちょっと寝たかな。

終わった後にトイレに行ったとき、ちょっと足がだるかった。この日はこれぐらいかな、気になったのは。

胃の不調はその後もありました。夕食も大して食べられない。鎮痛剤の飲み過ぎか、副作用なのか、これじゃあわからんわ。
この日は鎮痛剤はやめておきました。

腹が痛くて飲んでいた鎮痛剤ですが、最近は腹のあちこち、腰骨のあたりとか、足の付け根の部分とか、もちろん傷の横のいつも痛いところもチクチクとしたりするので、何が原因なのかわかりません。
神経的なものでしょうか。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ランキングほか


にほんブログ村


にほんブログ村


ほかのBlogとか

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM