(再)TC5-2・16日目

  • 2015.07.01 Wednesday
  • 18:01

(再)抗がん剤TC療法5クール2回目投与後16日目。


特に副作用もなく(いや、実際は骨髄抑制があるんだろうけど)、のんびり…
じゃなくて、在宅仕事をカシカシカシ。合間にドラマ、合間に昼寝。まあ、のんびりか(笑)。

がん発覚前に読んでいた「身体のいいなり」という本。
著者の内澤さんが好きで読んでいたのですが。
あのときは、まさか自分ががんになるなんて思ってもおらず、読後の感想に「
ちょっと疑似体験した感じです。」なんて書いていた!
内澤さんは乳がんで部位は違うけど、疑似体験どころか実体験するなんてなあ(笑)。

1回目に読んだときは、ヨガは体に良さそうだなあとか、そっちのほうに比重があったと思うけど。
今回読み終えて、心の葛藤の部分とか、先生とのやりとりとか、がん患者さんとの付き合いとか、当事者になってみないと感じないなあと思う部分が多々ありました。

ふーむ、しかし、内澤さん、好きだわ〜。


 

JUGEMテーマ:がん全般


主人公ががん患者のドラマ、2つ見終えました。どちらもNHKで放送されていたもの。
ボクの妻と結婚してください。」「キャシーのbigC

(以下、若干ネタバレだったり、死に関することもあるので、読みたくない方は読まんでください〜)










ボクの妻と結婚してください。」は、ウッチャンこと内村さんが主人公。
健康診断ですい臓がんが見つかるのだけど、余命宣告されちゃう。
でも、自分の体のことより、家族(特に愛する妻!)の今後のことが気になっちゃうがゆえに、妻が再婚して幸せになってほしいという方向へ走っちゃう。
家族や友人に事実を知らせずにその計画を実行しようとする(あ、計画を知っているのは主治医と担当看護師さんだけ)ので、周りは混乱するんだなあ。

妻と親友が再婚するという話が決まって(これは嘘なんだけど)、そしたら安心してか、急に体調を崩して、最後は亡くなっちゃうのだけど。

妻と息子はすげー愛されている。うらやましくもあったなあ。



キャシーのbigC」は、教師のキャシーが主人公。
こちらはメラノーマなんだけど、彼女も余命宣告されちゃって。
キャシーも家族のためを思ってがんのことは言い出せないままずっと過ごすのだけど、その間、自分のやりたいことをどんどんしちゃったり、浮気しちゃったり(セクシー場面もあるので家族で見るにはちょっと恥ずかしいっ)で、こちらも周りは何のことやらわからず大混乱(笑)。


最後のほうでは、生きたい!という気持ちが湧いてきて、でも、蜂治療(こわっ)しちゃったり、やることが結構とんでもないんだけど。
こちらは旦那のポール、いろいろあったけど、優しいなあ。優しさゆえに空回りもすごいけど。

一人息子のショーンに病気のことを告げてもあまり反応もなく、死に対する意識のなさをキャシーは心配する。
でも、最後は母の気持ちが伝わる出来事があって、そこでうるっと来たな。
うちの次男も似たような感じだから。死に対する実感はないのかも(当たり前か。身近な人の死って、私もあんまりわかっていないし)。

あ、キャシーは治療に踏み切るところで終わるのだけど、今度シーズン2がある!ということは、まだ元気なんだな。
続きが気になります。


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ランキングほか


にほんブログ村


にほんブログ村


ほかのBlogとか

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM