本を読むときは痛みをあまり感じない

  • 2013.05.20 Monday
  • 08:23

片付けをやるぞ!と思っていたのだけど、そもそも私はずぼらで片付けベタ人間なのだった。

ダラダラ起きてきて、痛いを理由にさらにダラダラ。
夜は疲れるので早々にベッドに。でも痛くて眠れない。昼寝をするときもあるのでさらに眠れない(笑)。
そこで読書量が増えました。

壁によりかかっての姿勢はあまり腹の痛みを感じないので、幸せなときでもあります。
最近読んだ本、3冊。


・どうせ死ぬなら「がん」がいい

 タイトルがすごいなあと思い購入。でも、がんで亡くなる方って多いもんね。
 今まで私は、死ぬときは持病の喘息かと思っていたけど、がんかもしれない。こっちのほうが苦しまないかもしれません。喘息発作は苦しいで〜。
 頭悪いんで、内容をきちんと把握できていませんが、むだながん治療が多すぎる、などかな。
 60歳過ぎたら、がんになっても積極的な治療はしないかもしれない。長生き願望は今のところないし(変わるかもしれないけどね)。
 最近知ったのは、私の父方の祖父は大腸がん、祖母は子宮がん、母方の祖父は肝臓がん(だったかな?)、祖母は膀胱がんから脳へ転移、だったそうで、見事にがんで亡くなっていたということ。
 遺伝?

 ところで、本書には「卵巣がん」の記載は全くありませんでした。そこが残念。どういう見解を持っているのか知りたかった。


・さらさらさん

 いろいろなところに書き連ねた文章をまとめたもの。なのでか、文字の大きさがそれぞれ違うの〜。
 老眼な夫には読めなそうな文字とか(笑)。私は読めたで〜。
 難病の大野さんと比較はできないけど、病気をしてみたら物事の見方はがらっと違う。今までだったら「大変なんだなあ」としか思えなかったことも人ごとではなくなってくる。
 病気になるといいこともある。


・がんから始まる

 以前、エッセイを何冊か読んでお気に入りだった岸本葉子さん。
 がんだったのは知りませんでした。こちらは一気に読んだなあ。
 私と病名や治療方針などは違う部分もあるけれど、すっごく共感しながら読んだ1冊。
 おすすめの本ですね。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ランキングほか


にほんブログ村


にほんブログ村


ほかのBlogとか

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM