無知だなあ、私ったら

  • 2013.09.18 Wednesday
  • 21:32

5クール1回目投与日。
脱毛開始から100日目(^^)


5クール目に入れました!
ヘモグロビンの減少もなく(それでもちょっと少ないけどね)、血小板なども大丈夫でした。

クールの初回は2種類投与。 
毎週投与のパクリタキセルと、初回(3週で1クール)はカルボプラチンも投与。それぞれ1時間ずつ。
その前にアレルギー防止のレスタミンを飲み(これが眠くなるのだ)、吐き気止めなどの点滴を入れ、パクリ、カルボの順で投与、終わった後に、何か流すやつ(←いい加減だなあ)。

点滴だけで3時間弱でしょうか。
レスタミンの効能に、急性鼻炎、アレルギー性鼻炎の治癒と書いてあった。
今、鼻炎まっさかり(>_<) たしかに点滴中は鼻がむずむずしなかったような?
(今はもうだめ〜)


私、薬や治療についてあんまり聞かない(で雑談ばっかりしたり)し、先生も細かく言わないので、どういう薬かよく知らんのがいっぱいあるのですが…。

通常、抗がん剤投与のあとはデカドロンと吐き気止めを出すみたいなんです。たぶんうちでは(←またあやふやな)。
吐き気止めは、前にもらったのが余っている…というか、吐き気はずっとなかったので今はもらっていないのですが(いざとなったら余っている薬を飲む!)、デカドロンは2種類投与のときだけもらっていました。

これ、見たら、ステロイドだったのね〜。

デカドロンは3週に1回しか飲んでいなくて、3日分の処方です。特に今のところ副作用はないです。
効能を見たら、
>血液中の好酸球という白血球の一種を減少させる抗好酸球作用があるので、好酸球が異常に増えてしまう白血病の治療剤としても使用されます。
とありました。私、十数年前に好酸球が以上に増えて、それで肺炎になったことがあるんです。

もともと喘息持ちなので、喘息なのかと思っていたけどちょっと様子が違い、レントゲン写真に白い影があったので、たぶん肺がんが疑われ、CT(あれはMRIだったかな?)撮るように紹介状書いてもらって違う病院へ。
結局、肺炎ということでした。

あのとき、はっきりと原因もわからず(検査入院してと言われたのですが、子供が小さかったんで断ったのでした)、ステロイド剤を処方してもらったんだったなあ。それが効いたようで、少しずつ好酸球は減っていき、症状もよくなりました。
その後も好酸球が多い時期が続いたのですけど。

という思い出がよみがえったデカドロン。
…って、すごい名前ですよね。がんにかかってから見掛ける名前って、何だかすごい、というか変(笑)。




コメント
ずきみさん、こんばんは☆

わざわざ、私のブログにコメント、ありがとうございます(^^)

5回目投与出来て、良かったですね(^^)

私が処方されてたステロイド剤もデカトロンでした。ずきみさんのブログ読ませて頂いて、なおさら安心しました♪

私は、吐き気止めの薬は、イメンドを処方されます。2種類投与の時も事前に飲みます。病院や人によって、色々違うんだなーって、勉強になります。

色々、教えて頂き、ありがとうございましたm(__)m

ずきみさんは、貧血がつらそうなので、くれぐれもムリなさらずにして下さいね(^^)
>サオリさん

デカトロン…変な名前ですよね(怒られるかな?)。
デカメロンみたい(笑)。

貧血は落ち着きました。
息切れもしなくなり一安心。

こちらこそコメントをありがとうございました(^_^)
お互いに無理せずに、頑張りましょ−。

  • ずきみ
  • 2013/09/18 10:52 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ランキングほか


にほんブログ村


にほんブログ村


ほかのBlogとか

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM