【過去日記】2013年4月17日

  • 2013.05.02 Thursday
  • 16:34

今日の予定は、午前中の胃カメラ、そして、また急に入った乳腺エコー。
夕方に先生から本人と家族へ最終的な説明。


検査最大の問題点が起こりました。
胃カメラは初めてなんですが、夫も周りもわりと「大丈夫よ」という意見が多かったので、のどに麻酔もされることだし大丈夫よね〜と気楽に行ったら…。

喘息持ちの人には麻酔が使えませんと言われました(>_<)


そのままチャレンジするか、全身麻酔で眠っている間にするか。
後者だと、帰りの運転はやめてくださいということだったんですが、平日だし、車がないと不便(バスは少ないの)なところなんで、チャレンジしたんです、前者。


うううっ、おえおえしました。
「呼吸はできますから」と言われますが、どうしても息をはけません。喘息で苦しかったときみたいなイメージがよみがえり、かなり暴れました。

これではあかんと、細いカメラでチャレンジ。
おおおおおおおおっ、これもだめでした。
技師さん(ちなみにこの方は大腸のときと同じ方だったと思う。あ、○○さんと言われたし。痛みに弱いやつだと思われたに違いない)も看護師さんも「大丈夫!」とぐいぐい突っ込むんですが、だめ、あかん!

危険(笑)ということで、結局、夫に電話して迎えに来てもらうことにし、全身麻酔にしました。
麻酔…。よく効くんですね。すぐに記憶がなくなり、気付いたら別室で寝ていました。
全く記憶がありませんし、おえおえ感もありません。

この次からは絶対全身麻酔よ!!!!
(誓う)


目が覚めた後、ちょっとまだぼーっとしていたけど、胸腺エコーが入っていたので、車いすで同フロアの別室へ連れて行ってもらいました。
こちらはエコーなんで、痛くもかゆくもないわ。楽勝。
その後、胃カメラの検査室へ戻り、また休むことに。多分1時間ぐらい寝ていたと思います。

目が覚めた後に診察結果。特に問題なし。ちーさな傷みたいなのがあったけど、ま、こんなものでしょうということで、たぶん胃がんの線も消えたと思います。


いろいろな検査をして、私、卵巣以外、元気だなとわかりました。
人間ドックに入ったと思えば、よし。


夫に迎えに来てもらい、一度帰宅。
夕方、また病院へ。
先生から結果を教えてもらい、胃や大腸などからのがんの転移性ではなさそうなんて、卵巣原発だろうということ。
予定どおりの入院、手術日程と決定。
ただ、開けて見ないとわからないので、癒着がひどかったりしたら、もしかしたら人工肛門ということもあり得ると、これは昨日だったかにも聞いた話を夫と一緒に聞きました。

そうなったら、やっぱりどうしよう?と思ったけど、それでも生きているならいいんだろうなと、まあ腹をくくり、帰宅。



この日の手帳には、いろんな人へ「ありがとう」と書いた。
友達(生保勤務。彼女のおかげでお金の心配がなくなった)、息子同級生の保護者(私の仕事をやってもらった)、義妹(送り迎えやら、家のことやら)、夫(何も言わず黙って送り迎えやら)、実家の母(入院中、来てくれる)





calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ランキングほか


にほんブログ村


にほんブログ村


ほかのBlogとか

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM